> > >

この気持ちはムダ毛が多い女性にしかわからない



この気持ちはムダ毛が多い女性にしかわからない
私は子どもの頃からムダ毛が濃いのがコンプレックスでした。
体毛が濃い父に似てしまったのか、見えないところだけならまだ良かったのですが、手足のムダ毛が多かったんです。

小学生の頃はあまり気にせずスカートも履いていましたが、中学生になると周囲の目がとても気になり始めました。

制服は長めのスカートだったので普段はまだいいのですが、体育の時間が嫌で嫌でたまりませんでした。

毛深い足をさらけ出すのが苦痛

男女別ではありましたが、当時はまだ体操服がブルマーの時代で、すべすべな足ばかりの友人たちの中、毛深い足をさらけ出すのがとても苦痛でした。

整列している時に女子の目線が私の足に向けられ、直接的ではないものの毛深い、と言葉にされて。

毛深い、という事が知られているからこそ、剃ることもできなくなり、中学時代、特に夏場は何かと理由をつけて体育を休んだりジャージを履いていました。

高校に入ってからは毎朝処理

高校に入ってからは制服のスカートも短かったので、入学当初からムダ毛処理をして登校していました。

ムダ毛が最小限に抑えられるように、毎朝シャワーを浴びて処理をしていたので冬場は大変でしたが、それでも少しでも綺麗な足に見せようと、毎日努力をしていました。

それでも水泳の授業だけはどうしても嫌で、理由をつけて一切水着になりませんでした。
見えないところでの剃り残しがあったら嫌だし、場所は離れていますが男女同じプールで授業をしていたので、女子以上に男子にも見られるのが嫌でした。

当然単位が足りないので、何とかレポートで免除してもらいましたが。

気にしなくてもいい、と親や昔ながらの友人には言われますが、この気持ちはムダ毛が多い女性にしかわからないと思います。

私服でもずっと自由はなく、スカートやショートパンツが履きたくても素足は出せずパンツスタイルばかりでした。

なので、タイツやレギンスが流行ってくれたのは本当に嬉しかったです。
今では昔ほどムダ毛の処理を気にすることなく、ファッションを楽しむことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加


Comments are closed.