> > >

他人を不快にさせたいためにもちゃんと無駄毛の処理をする



他人を不快にさせたいためにもちゃんと無駄毛の処理をする
人のムダ毛を目の当たりにする機会があると不快になり、自分はそうならないようムダ毛を処理しているような気がします。もちろん美容のためもありますが。

小学校のときの先生のわき毛

初めてムダ毛を目の当たりにして衝撃的だったのは、小学校のとき半そでの先生のわきがふと見えた際に、毛がぼーぼーだったときです。

子供ながらぞっとしました。

学校いいると着替えるシーンなどが多いので人のムダ毛の出くわすことが多かったように思います。

中学生くらいになると周囲も皆ムダ毛処理を意識するようになり、足や腕も剃りはじめたたことを思い出します。

異性の目も気になるので、念入りにムダ毛処理をしていました。

女子の口元のムダ毛を見て馬鹿にしている

ある日男子が授業中に女子の口元のムダ毛を見て馬鹿にしているのを見て、女子は大変だと嫌な気持ちになったのを思い出します。

さらに夏場になると半そでの機会が多くなるので、女子同士の腕が触れ合うと、ジョリっとするときがある不快感もなんとも言えなく嫌でした。

自分でも腕や足がジョリジョリし始めるとものすごく不快でした。

中学のうちに脱毛サロンに通えていればどんなによかったか、今になって思います。

大人になっても

大人になってもムダ毛に対して不快に思うことは多々ありました。

脱毛サロンに通い始め、少しづつムダ毛に対するストレスが減ってきたものの、まだまだ完了せずムダ毛が生えてくる時期は困ることが多かったです。

気を抜いてワキの処理をしないまま出かけ、出先で暑くなると上着の中がノンスリーブだったりすると脱げない事です。

暑くても我慢するのでとても辛かったです。

気の知れた女友達ならまだしも異性の前では絶対脱げないので、ムダ毛のことで頭がいっぱいでいまいち本気で楽しめないことも多くありました。

海にに行って足を入れることになったり、足湯することになると「足のムダ毛処理してない…」となるとそればかり気になっておもいっきり楽しめず、不自然になってしまう事もありました。

ムダ毛は楽しむべきシーンを楽しませてくれないものだとそのとき思いました。

このエントリーをはてなブックマークに追加


Comments are closed.