> > >

男の子に脛毛をからかわれたのが始まり



男の子に脛毛をからかわれたのが始まり
ちょっぴり恥ずかしい話なんですが、私は子供の頃からムダ毛が多かったのです。
親の遺伝ということがあって仕方がなかったのですが…。


小学3年生の時、脛毛をからかわれた

初めてムダ毛をコンプレックスとして認識したのは小学3年生の頃からでした。

男の子に『お父さんみたい!』とからかわれたのが始まりで、それからは体育の授業で短パンを履くときはハイソックスが欠かせませんでした。

その頃はやはりまだ子供ということもあって、体全体のムダ毛が気になるということはなく、男の子にからかわれた脛だけを気にしていました。

小学5年生になる頃にはわき毛も生え始めて、剃るという知識がなかった私はタンクトップを嫌い、プールの授業も大嫌いでした。

当然男の子にはからかわれ放題です。『お父さんみたい』『もじゃもじゃ』『わき毛』など、本当に辛かったです。

中学に進級する頃には周りの友達もムダ毛を気にし始めたのか、剃る剃らないなどの話題になることもありました。

もちろん私は毎日のように腕、脚、脇のムダ毛を綺麗に処理していました。

ですが、高校に上がる頃には剃りすぎて毛が太く濃く成長してしまっていました…。

どんなに綺麗に剃っても太い毛が毛穴に残ってブツブツしてしまうのです。

しかも、2日ほど処理せずに放置しようものなら少し伸びてきた毛がチクチクして男の人のヒゲのような手触りになるのです。

更には剃った後の皮膚がヒリヒリしてとても痛い!ボディクリームはしっかり塗っていましたが、それでもしばらくはヒリヒリします。

エステの全身脱毛は値段が高いので手が届かず

ネット広告やCMなどでも脱毛が安くできると話題になっていたので、全身にムダ毛の悩みを抱えてる私は全身脱毛をしたいと思いました。

しかし、カウンセリングに行って料金プランを見てみると…とてもじゃないけど私に手の届く金額じゃありませんでした。

仕方なく全身脱毛は断念して、今でも根気よく毎日のようにお風呂でムダ毛を処理し続けています。

今でも私は生足を露出することに少し抵抗があるし、タンクトップは着ないし、プールに入ってもムダ毛が気になってしまって思いっきり楽しめません。

このエントリーをはてなブックマークに追加


Comments are closed.