> > >

電車で居合わせたある女性の腕毛とふさふさしたわき毛



電車で居合わせたある女性の腕毛とふさふさしたわき毛
夏に電車で通勤すると、他人の肌が当たって嫌なので長袖を着ます。
汗で湿った肌や、男性の半袖の肌に直接触るのは苦手なのです。

その日も暑い中を我慢して薄手のカーディガンを羽織って乗り込みました。
その時私の隣にいたのはノースリーブを着た20代位の女性でした。

ギュウギュウ詰めの車内で、電車が揺れるたびに彼女は右へ左へ電車と同じように揺れます。私も少し遅れて揺れます。そんな中、腕に妙な感触がありました。

何かが擦れて引っかかるような、ごく小さくザリザリと音もします。

一体なんだろう?と不思議に思い袖を少し動かすとやっぱり何かが引っかかります。

女性の腕毛の処理後がジョリジョリ

その音は彼女の腕に触れている袖からでした。揺れて擦れる度にムダ毛の処理跡が引っかかっているようです。

幾ら何でも女性なんだからそんなことはあり得ない。
とも考えましたが、確かに引っかかっています。

私が驚いて体の向きを変えたら、彼女も気がついたようで体の向きを変え、つり革の方へと手を伸ばしました。

と、腕を上げた方向の人が目を大きく開け驚いています。

なんとなくそちらを見ると、彼女の脇は男性の目の前にありました。

処理がなされていない脇。黒いポツポツ。

しかも、あまり処理がなされていない脇。黒いポツポツや剃り残しが私からも見えました。その時、私は同性として恥ずかしく思うと同時に、平然としている彼女が怖くなりました。

確かに腕や脇のむだ毛は自然に生えてくるものですし、海外には一般的に処理しない習慣の国もあります。

もちろん日本でも処理するしないは個人の自由なのですが、処理が甘いのはどうでしょう。自分としては他人に気づかれるのも嫌ですし、他人のそれはあまり見たくありません。
結局、彼女はそのままつり革につかまり終点で降りました。

ノースリーブでホームを颯爽と歩くその姿はとても素敵です。

しかし、私はあのムダ毛や、ジョリジョリとした感触が頭から離れません。
今でも季節を問わず電車に乗るたびにドキドキして、嫌な気分になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加


Comments are closed.