> > >

わたしが脱毛をしたいと痛感するとき



わたしが脱毛をしたいと痛感するとき
めんどくさがりな私は、ひざ下と腕と脇の3箇所しかカミソリでムダ毛の処理をしません。夏場は肌を見せる機会が多いので、頻度も2、3日に一回になります。

冬場においてはもう酷い。
彼が居ない年はもう限界まで放置します。

正直、その長い毛を見るのが楽しかったりします。

夏場においては剃るのが面倒になってきて、せめてひざ下、腕、脇脱毛だけしておけばどれだけ楽なんだ!と毎年、毎年感じます。

そんな私でも、彼ができた時は脱毛に通おうかといつも迷ってしまいます。

急なお泊りになった時

急なお泊りになった時には本当に困ります。
ホテルのシェーバーは鋭すぎて傷が付くし。

といって、コンビニで女性用のシェーバーを購入してしまうと、相手にばれますしね。
いい雰囲気なのに、先にお風呂に入って剃るなんて・・・

という事があるので、その都度、その都度脱毛をしておけば良かったと痛感します。

普段は気にしないムダ毛まで

そして、彼ができれば美意識も見られているという意識も高まるのでしょうか、普段は気にもしない、お腹や胸の毛まで気になってきます。

そして、IラインやVラインOラインも脱毛しておけば良かったーと後悔してしまいます。

カミソリや脱毛ワックスでのVIO周りの処理は、鏡を見ながらチャレンジするのも、正直悲しいし、失敗したらどうしようという恐怖心もあります。

そして誰にも相談できないので、どのような処理が美しいのか分からないのが一番の問題点です。

今の彼はIライン等の脱毛は「正直、気にならない。毛がない方が落ち着かない。脚も頻度高く剃れば気にならないし。」と言ってくれますが、やはり処理をする手間と肌のことを考えたら、脱毛をしておけば良かったなと思います。

カミソリ処理で負けてしまい、赤く皮膚が腫れ、かゆみが出てきた時にも脱毛だと、機械をあてる一瞬の痛みだけで我慢すればいいのかな。

こんなひりひりかゆかゆした感じは続かないのかなと思う時もあり、その時もやっぱり、脱毛をしておけば良かったと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加


Comments are closed.