> > >

「女の子には毛が生えていないもの」という幻想を抱いている



「女の子には毛が生えていないもの」という幻想を抱いている
私が「脱毛しとけばよかったな」と思う瞬間はたびたびあります。

まずは異性に、私の腕や足に生えている毛の存在を知られてしまった時です。またノースリーブじゃないから、と脇の毛の処理が甘くなっていたときです。

もともと腕や足の毛が薄い方で、ぱっと見あまり気づかれないのもあり、処理が甘くなっていました。

夏で足や腕を出す時期ですら、処理無しでいけるくらいです。でもよく目をこらしてみると細い毛がたくさん伸びてるのが見えます。しかも一本目に入るとたくさん生えているのに気づくくらいです。

彼氏(とても目がいい)にふと腕をみられ、「めっちゃ毛のびてるやん」と突っ込まれてしまいました。

彼氏ができるまではそんなに近距離に近づいてくる異性がいなかったので処理せずにすんでいましたが、この時は後悔しました。

また足の毛も同様で、ぱっと見わからないですが、日のあたり具合によって毛がきらきら光って毛がたくさん生えているのが目につくのです。

車の助手席に座っているときに特に目がいきます。

これまた彼氏が運転席にいたのですが、必死にタオルで足を覆い隠しながら、何も起きていないように振る舞いました。

なんで隠しているの?と突っ込まれたら終だと思いながら。絶対幻滅されるだろうなって思うくらいたくさんの足毛が光り、主張していました。

脇の処理が甘いのに手を高くあげてしまった

そしてこれまたデートの時、脇の処理が甘いのに手を高くあげてしまった瞬間です。

私はTシャツを着ていたので脇は見えていないだろうと甘くみていたのですが、どうやら隙間から見えていたようで、そこにとても注目されてしまいました。

反射的に「嫌なもの見せてごめん!」と謝りながら腕を素早く下ろしたのですが、時すでに遅し。

その後彼氏は気まずそうに黙り込んでいました。

笑って欲しかったですけどね、向こうも気を遣って、笑っていいのか迷ってしまったのだと思います。

私の知り合いの男性の多くはやはり「女の子には毛が生えていないもの」という幻想を抱いているようなので、それに答える努力は必要なのだなと痛く感じました。脱毛は大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加


Comments are closed.