> > >

わき毛の処理を怠った時に他人に見られた思い出2回



わき毛の処理を怠った時に他人に見られた思い出2回
女性は、脱毛と聞けば一番最初に思い浮かぶのがやっぱり脇の毛だと思います。
大体、中学校に上がる頃、初潮を迎える頃から陰毛や脇の毛が生え始めます。

いきなり黒い毛が生えてくるから、最初の頃は結構ショックを受けたのを覚えています。
剃るのが怖くて脱毛クリームを使ってみたら、何気に綺麗になったので安心していると
早くて2~3日には、また黒い毛が生えてきてそれに気が付かないで、学校のプールで
恥ずかしい思いをしたのを思い出します。

それから、やっぱり剃った方が早いし簡単だったから、しばらく剃っていたんですが夏場は汗をかくとカミソリで弱くなった脇がしみてきて、辛い思いをしたので結局は毛抜きで抜くことにしました。

最初は、1本抜く度に痛くてたまらなかったし、なんで一箇所から2~3本生えてるのかが不思議だったし、とにかく腕を上げながら抜くしかないのですごく腕が疲れて両方の脇を抜き終わるのにかなり時間がかかりました。

でも、そのお陰でわりと長持ちしてくれたのでやっぱり安心しちゃってました。

電車の中でちょろちょろのわき毛を男性に見られた

夏場はたっぷりしたTシャツなんかをよく着ていたのに、すっかり脇の毛の事を忘れて遊びに行った時、電車の中で手すりにつかまってたら、隣に立っていたちょっとかっこいい男性の目線が完全に私の脇を見ているのに気が付いた時は、顔から火が出る思いでした。
男性は、嫌な物でも見たようなへんな顔をしていたのを今でもはっきり覚えています。

家に帰ってから鏡で自分の脇を見た時のへこみようは、今でも忘れたくても忘れられません。

ところどころから黒い毛がチョロチョロ生えていて、中には抜き忘れたのか長い毛もありました。

それからは、夏場だけじゃなくて1年中脇の毛はお風呂に入る時に必ずチェックをして1本たりとも抜き忘れることがないように細心の注意を払うように心掛けていました。

病院の検診で今度は女性にわき毛を

しかし、子供を産んでそこまで気にしなくなった頃、乳がん検査で超音波を受けた時の事です。

すっかり脇の毛の処理を怠っていたのでした。

上半身すべて脱いでベッドに横になって腕をあげなければならなかった時、あの時の悪夢が蘇ってきました。

確かに検査をしてくれる人は女性でしたが、同性とあって余計に恥ずかしかったし、脇の方から超音波で検査するのでジェルが脇の毛をジョリジョリ言いながら滑らせていたのが、とっても恥ずかしく情けなかったです。

年齢を重ねても気をつけないといけませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


Comments are closed.