> > >

ワキ毛が気になって長袖を脱げない状態



ワキ毛が気になって長袖を脱げない状態
秋から冬、そして春にかけて肌の露出が減るので、どうしてもムダ毛の処理を怠りがちです。

しかし、そのままにしておくと、春はかなりのムダ毛になってしまいます。

私はどちらかというと、今やらなくていよいことはついつい後回しにしてしまう癖があります。

ムダ毛の処理も同じくです。

そのため、春先にムダ毛の処理を忘れていて、ヤバイ、と思うことがあります。
それは春先になって、いきなり暑くなる日があります。

たぶん脱がないだろうと思って、長袖のシャツの下に、ノースリーブや、袖がかなり短い服を着て出かけることがよくあります。

下に着る洋服の袖が長いと、暑いのでワキがあいている服の方が、重ね着をしても涼しいからです。

ワキのムダ毛の処理をしないで出かける

そして、ここが私の悪い癖なのですが、ついついワキのムダ毛の処理をしないで、出かけてしまうことがあります。

昨年の秋からほとんど行っていない、ムダ毛の処理なので、当然人に見られてはヤバイ状態になっています。

それでも長めの袖のTシャツならば、腕を上げてもワキが見えることはありません。

しかし、暑さをしのぐために、袖のかなり短い、もしくはノースリーブの服を着ているので、腕を上げたら、いや上げなくてもワキが見えてしまいます。

ワキの処理を怠って、油断している時に限って、外に出たりして、ものすごく暑くなったりします。

周りの人は次々に、薄着になっていきます。

しかし、私はワキが気になって、長袖を脱ぐことができません。

一人暑い中、長袖で我慢しなければならず、周りの人にも変に思われてしまいます。
しかし、なんとかごまかしてはいるものの、私の服は汗でびっしょりです。

しかも急激な暑さで、熱中症になりかねません。
はやく長袖を脱いで、涼しくなりたい、でもできない、という状況に陥ってしまいます。

そういうことが起きて初めて、ワキのムダ毛を処理を後悔しながら行っています。
毎年のことながら、春はワキの処理を早めにおこなっておくべきだと、何度も痛感しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加


Comments are closed.