> > >

足のムダ毛の処理を全くせずに足裏マッサージへ行ったときのこと



足のムダ毛の処理
あれは冬場のことでした。
友達と一緒にバーゲンへ出かけ、思い思いに買い物をして、満足してお茶をしている時のこと。

弾丸で駆けまわり、思ったよりも早く買い物が終わったので、友人が結構疲れたので足裏マッサージに行かない?と誘ってきたのでした。


足裏マッサージへ行くことに

私もマッサージは大好きなので、行くいく!と二つ返事でOKしました。
友人はチケットを持っていて、安くなるところが近くにあるからそこへ行こうと言うのでついていくことに。


ムダ毛の処理を全くしていませんでした

その途中ではっと気づいたのですが冬場でロングブーツを履いているのをいいことに、私はムダ毛の処理を全くしていませんでした。それはもう、前回いつしたのか覚えてないほどに。

でも、マッサージの場所なんてリラックスのために灯りも暗くなっているところが多いし、気にしなくていいか、と思った私が甘かったのです。

友人が連れて行ってくれたところは、灯りもきらびやかなラグジュアリーサロンでした。しかも、マッサージしてくれる方がまさかの男性!

意を決して一時の恥とブーツを脱ぎ、開き直ってマッサージをしてもらったのですが、思った以上にお兄さんは顔に出るタイプで、私の脚を見た後、ぱっと私の顔を見たのでした。

もう恥ずかしくて恥ずかしくて。なかなかの男前さんだったのに。

お兄さんのオイルの付いた手が脚を滑る度に、昔お父さんのすね毛でありんこを作っていた時のようなじょりっと感が走りました。

もちろんこのじょりっと感は私よりもお兄さんの指にダイレクトに感じられているわけで。

もう気持ち良いのか何なのか、まったくリラックス出来ない1時間が過ぎ、その話をマッサージが終わった後友人にすると苦笑い。言ってくれればやめたのに、と言われてしまう始末。

あとあと話を聞いてみると、そこの常連だった友人は、以前そのお兄さんとマッサージ中に、冬場はすね毛残っている女の人もいたりします?というトピックで話をしたところだというではないですか。

私がそのサンプル連れて行っちゃったみたいになっちゃったじゃん。と友人もがっくり。
これほどまでに私のすね毛が迷惑をかけることになるとは。ちゃんと脱毛しておけばよかったと、心から思った瞬間でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加


Comments are closed.