> > >

女性は体毛がなくきれいに無駄毛を処理してる状態が望ましい



女性は必ず体毛がないもの、と考えるのは男女差別だと思います。
女性は体毛がなくきれいに無駄毛を処理してる状態が望ましいう思いますが、実際のところ無駄毛をよしと思えるかというとそうは思えないのが事実です。

実際に無駄毛を見たときに、処理しろよという事はセクハラにもなりますし、断固言えません。

ただ心の中ではそういってしまいたい自分がいます。

海外では、体毛を処理しないことが文化であったりする国もありますが、日本ではまだその領域までは到達できていないと思います。

日本人の体毛は黒いですし、肌は白い。そのためとても無駄毛が目立ちます。

さらに、男性の髭や男性の長髪はビジネスマナー上良くないという文化でもあるように、体毛に対して無駄毛と認識する傾向がつよく、もし体毛の処理を怠っているとわかるとだらしない人なんだなという印象につながることも、考えられます。

女性だから無駄毛を処理すべきだという考え方は、女性は体毛がなく、きれいに無駄毛を処理してる状態が望ましい、色っぽい、外見がいいという認識から来ていることと、処理をすることで、美に対する努力を惜しまない人なんだなという印象を植え付けることにもつながります。


特に脇の下は

特に、脇の下は夏場はファッションの内容によっては見えてしまうので処理をしていると細部まで気を使える方なんだなという印象になります。

また、ヒールやサンダルのファッションの時につま先に無駄毛を発見してしまうと、いくらきれいにネイルをしていても残念だなという印象になります。

見せかけの美ではなく、細部までこだわった美を追求できる人という印象になるのは、やはり細部までこだわって無駄毛を処理している人なんだろうなと思います。

女性からすると、少しくらいはいいじゃないかという方も多くいらっしゃるでしょうが、男性からすると、無駄毛には目が行ってしまいます。

どんなに足を細く見せようとしてもそこに無駄毛を発見してしまうと興が冷めてしまいます。

細部までこだわることでさらに美は磨かれ、人としてもしっかりしている人という認識を与える、逆にそれを失うことが無駄毛処理にはあるんではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加


Comments are closed.