> > >

どうしても昔のイメージが拭えず脱毛サロンに行けない



どうしても昔のイメージが拭えず脱毛サロンに行けない
最近は脱毛サロンは行くのが当たり前のようになって、値段も安くて良心的だとよく聞きます。

脱毛エステの昔のイメージ

ただ、どうしても昔のイメージが拭えずに、詐欺に引っかかるのではないかと、お試しのチラシも胡散臭く見えてしまいます。

昔は安さを売りにしてるサロンでは1カ所だけ脱毛して、後は高額な料金を払わないと残りを施術してくれない。とか、

わざとすぐに生え変わるようにして何度も通わせるとか、噂のような本当の話しのような事が出回っていました。

最近になって電車の中刷り広告を見て、サロンに行ってみようかな?と思った事がありました。

どうしても裸を晒すのに抵抗が

剛毛なので多少の追加料金は覚悟の上ですが、やっぱり無理だ、、と思い直しました。
どうしても裸を晒すのに抵抗があります。

恥ずかしいよりも、とても情けないブヨブヨの身体では同性にも見せるには勇気が必要です。

このみすぼらしさ故に海にもプールにも行けないので、結局は脱毛は不要なのか?

脱毛サロンは若者が通うところだけではなく、体型の崩れた高齢者も通いやすい場所があっても良いのかなと思います。

高齢者はどんどん増えるし、エステと同じように、手軽感や高級感や安心感などそれぞれ特徴のあるサロンがあったら私のような恥ずかしく後ろめたい初老も美容室へ行く感覚で行けるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


Comments are closed.